Gori note

絵の上達のために 〜北海道一刀斬りワーク〜

明石高専「造形」の授業でおこなった「カタチを捉える」というプログラムの、ウォーミングアップです。一筆書きならぬ、一刀斬りで、北海道のカタチをカットしてもらいました。 北海道は、ある...
Gori note

「偶然」の思考法 〜レンガ絵をつくろう〜

のっけから恥を忍んで言いますが、ボクはものごとをうまく予定通りに進めたためしがありません。「計画を立てて行動する」というのが、ホントウに苦手。でもその代わり、いろいろな「偶然」の重...
Gori note

「ORIGAMI-TOWER」をたてよ!

■ものづくりと、物理と。 重力なんですよ、重力。まさに創造の天敵は、重力です。 これまでいろいろなものづくりをしていて、何度となく、重力が立ちはだかりました。 たとえばイベントや...
Gori note

人と会社を紡ぐブランディング

今日は、とある事業者さんのブランディング・コンサルの日。 今回はブランドカラーの策定と、コミュニケーション・システムの開発のためのヒアリングです。プロジェクトメンバー全員で考える「...
Gori note

オンライン授業、ことはじめ。

今日から、国立明石高専でのオンライン授業がはじまりました。建築学科、1年生の「造形」の授業です。セキュリティの関係でMicrosoftのTeamsを使って行いましたが、通信原人のボ...
Gori note

明日から、遠隔授業、はじまる。

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、ずっと始まらなかった学校の授業が、いよいよ明日はじまります。とはいっても教室にみんなを集めるわけにはいかず、学生は自宅での遠隔授業というカタチ...
Gori note

自社の羅針盤!オリジナルモデル図!

マズローの欲求五段階説とか、ジョハリの窓とか。 いろいろな現象を「モデル図」にすると、思考や行動がとてもスムーズになりますね。 流行の理論や、流行の考えかたとは別に、 企業ごとに...
Kana note

ゴッホ展@2020

ゴッホの〈糸杉〉。びっくりたまげた。エネルギーに圧倒されて…凄い。ゴッホといえば〈ひまわり〉ですね、教科書で習いましたね、といった具合にあまりにも有名なもんで、知ったような気になっ...
Kana note

四海の数と具体美術

「数」について意識を深めるというテーマで、4人のアーティストからなる展覧会。中でも、私は津田道子さんの《あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。》 という作品に心を奪われ...
Kana note

岡本太郎のアトリエ

ずーっと行きたかった岡本太郎のアトリエ。太陽の塔!のぞいてる!庭!最高!岡本太郎といえば万博の太陽の塔。大阪の自慢!ちなみに中にも入って「生命の樹」からエネルギーをもらって岡本太郎...
Kana note

バスキア展@2019

カッコイイ!!もう、これに尽きるんだけど…初めて彼の絵をみたときから(印刷物だったけど)、すっかり魅了されて、キレイに描くとか、上手く描くとか、そういうこと「どうでもいいじゃーん」...
Kana note

カミユー・アンロ『蛇を踏む』

フランス生まれのカミーユ・アンロは、様々なメディアを使った今を生きるアーティスト。哲学、天文学、人類学、博物学、情報学といった「知」と「創造」がテーマだそうで。何やら、難しいニオイ...
Kana note

小林賢太郎の『本』展

パフォーマー?役者?芸人?芸術家?ジャンル無用の肩書き「天才」でも納得してしまいそうな人、小林賢太郎さんの『本』展。クスッと笑えるアイデアと、もはや発明やな、っていう遊びに「またや...
Kana note

はじめて、お茶をたててみる

昨年より通いはじめているお茶のお稽古。ずっと興味はあったのですが、敷居が高くてなかなか手が出せないなと思っていたところ、テーブルで気軽に始められる、ということで重い腰を上げてやっと...
Kana note

社会的ミッションを可視化したパンフ

〜京都産業大学 生命科学部学科パンフのデザイン〜——————————京都産業大学にて、「産業生命科学科」が開設されたことにともない、学科のパンフレットをデザイン、制作させていただき...
Kana note

「ぎんのLifeすごろく」

人生100年時代。私もあっという間に40代半ばをむかえて、どんなふうに年を重ねていくのか、どんな60歳になりたいのか、と考えることも増えてきました。歳をとるということは、私だけの経...
Kana note

ブリコラージュ×アクセサリー

久しぶりにアクセサリーづくりをちょこちょこと。ハンドメイドアクセサリー『cocollier(ココリエ)』をオープンしたのは2007年…かれこれ…11年。(もうすぐ12年)ココリエは...
Kana note

おかげさま絵巻

落語家、桂文華30周年記念「おかげさま絵巻」!落語家人生30年を綴った、てぬぐいを制作させていただきました。これまで、これからのお話をじっくり伺いながら、その場で「デザイン図解」で...
Kana note

へのへの年賀状と干支すごろく

マイナビさんの「おしゃれでかわいい年賀状」などの冊子にて、年賀状のデザインをお手伝いさせてもらっています。それも、なんと、干支を一周しました!(ウレシイー!)毎年15〜20案弱を採...
Kana note

科学コミュニケーションと、対話ツール

大阪大学COデザインセンター(STiPS)さんよりご依頼いただき、制作のお手伝いをさせていただいた、 科学コミュニケーションのための「対話ツール」です。 科学コミュニケーションとは...
Kana note

幹細胞研究について議論する!

奈良先端科学技術大学院大学さんより、 幹細胞について考えるための、カードツールのイラストを描かせていただきました。 イギリスのデモックスという教材から着想を得て開発された、科学コミ...
Kana note

ワークシート・フライヤー!

STiPS(大阪大学COデザインセンター)さん主催のサイエンスカフェのフライヤーを制作させていただきました。サイエンスカフェとは、カフェのような気軽な雰囲気で科学について語り合う場...
Kana note

「デザイン図解THINKING!」BOOK!

「描くとみえる、みえると動く〜デザイン図解THINKING」の冊子ができあがりました!詳細はWEBサイトにてご覧ください。————————————デザイン図解とは、もやもやにカタチ...
Kana note

トイフルくん@PLAYFUL LEARNING

2013年1月に出版された「PLAYFUL LEARNING〜ワークショップの源流と学びの未来」でキャラクターデザイン、イラスト、ラーニングメソッドのモデル図を描かせていただきまし...
Kana note

不確かな日常展

11月30日から12月9日まで、花とイラストで綴る「不確かな日常」展を開催します!フラワーアレンジメント教室をされている石田晶子さん(ミルフルール)と私、いわた花奈が描くイラストと...
Kana note

漢字な、感じ。

アトリエ・カプリスは、漢字でよく遊びます。その一文字に色んな要素が詰まっているので、いろんなコトができるんです。例えば、●「感字」deトークじぶんが仕事上大切にしている考え方、じぶ...
Kana note

グラフィック・シンキング・ツール

ふだん皆さんは、どんなふうに「ものごと」を考えていますか?多くの人は、まず「ことばありき」で思考を巡らせているのではないでしょうか。でも「じぶんのもつコトバ(ボキャブラリー)」だけ...
Kana note

おいしいペーパー(おいしいを可視化する)

———————-スペシャリティコーヒーの専門店「RIO」さんと、un labo.のコラボレーションから生まれた企画、「コーヒーとデザインのサロン」コーヒーの“おいしさ”って何でしょ...
Kana note

問いかけエホン

地域課題や社会問題などを扱う場やプロジェクトにおいて、誰もが「じぶんごと」におきかえて考えてもらうための「問いかけエホン」です。多様な問いかけを「ものがたり」的に展開しています。同...
Kana note

遊ぶ!オーナメント@お気軽Create

11月後半、いよいよ街はクリスマスモード一色になりました。クリスマスツリー探検だけでも、色んなデザインのものに出会えるので気分があがります。我が家にツリーはないのですが、なぜかオー...